妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

怖すぎる!泣きながら私の手を握る旦那から聞いた衝撃の事実

      2016/07/31

怖すぎる!泣きながら私の手を握る旦那から聞いた衝撃の事実

32歳/会社員

結婚して5年目、そろそろ二人の生活にも飽きてきたころ妊娠が判明しました。

特につわりもなかった私は、順調そのものの妊娠生活だったので、仕事もぎりぎりまで続けようと思っていました。

お腹が大きくなっても毎日、地下鉄で都心のオフィスに足を運んでいたのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきま...

生後2ヶ月の体重が増えすぎた時の原因と対策

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は、平均すると4000グラムから7...

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、...

息子を可愛いと思えない?高校生の息子を愛するための考え方

息子のことを可愛いと思う時期は子供が小さい時だけではなく、高...

息子の彼女を可愛いと思える?時には大人げなくなる複雑な親心

愛する息子が成長し、いつの日かお嫁さんをもらうことになります...

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事...

スポンサーリンク


ゆったりとした妊婦生活をする為に産休に入る

妊娠9か月の時に、会社から産休ももらい、「これからはゆったりと妊婦生活が楽しめる」と嬉しくなりました。

臨月までは、生まれてくる赤ちゃんのためにいろいろなものを準備したり、旦那さんと二人で食事や買い物を楽しんだりしていました。

予定日を一週間ほど過ぎたころ、破水し「いよいよかも」とドキドキしながら病院に行きました。

初めてということもあり、なかなか陣痛が進まず、9時間もの間苦しんでいました。

破水していたこともあり、おなかの赤ちゃんへの影響も考えて「陣痛促進剤」を点滴することになりました。

陣痛が進んでどんな格好をしても痛みが治まらず

点滴をしだしたら一気に陣痛が進み、痛くて苦しい時間が増えてきました。

旦那さんが腰をさするのですが、ポイントがずれているため全然痛みがおさまることがありません。

もう何をしてもどんな格好をしても痛くて痛くて、途中で腹が立ってきました。

どうにかこうにかそんな時をやり過ごしながら、やって子宮口が全開になり、助産師さんの「いきんでもいいよ〜」の言葉に促されながら、一気にいきむと割とすんなり赤ちゃんが出てきました。

「あっ!うんちが出ちゃったかも」恥ずかしながら私に感覚ではそんな感じでした。

陣痛の疲れとともに開放感でいっぱいでした。少し、休んで車いすで自分お部屋へ移動しました。

ベッドで横になると眠たくなって寝てしまったのですが、目が覚めるとなんだか看護師さんがたくさんいるんです。

「ドアを開けたりしめたりする音がうるさいな」と思いつつ、「なんでこんなに人がいるんだろう」とうつらうつら思っていたら、ついには担当の先生まで来ました。

周りをたくさんの人たちに囲まれ「なんなの?」と思いながらも意識が徐々に遠のいていきます。

目が覚めると隣には泣いている旦那の姿

次に目が覚めた時には私のベッドの横で、泣いている旦那がいました。

なんと、悪露を確認しに来た助産師さんにより、大量に出血していることが分かり、急いで処置をしたものの、何をしても出血が止まらないのでついに「輸血」することになったそうです。

旦那は先生から、「もしかして、これでダメだったら覚悟しておいて」と言われて生きた心地がしなかったらしい。

「本当に助かってよかった」と泣きながら手を握る旦那に「出産で死ぬこともあるんだ。怖すぎる」と改めてぞっとしました。

  関連記事はこちら

 - 出産時の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82