妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠初期の「気持ち悪い」へ対処!快適マタニティライフを

      2016/07/31

妊娠初期の「気持ち悪い」へ対処!快適マタニティライフを

妊娠すると、「気持ち悪い」とのお付き合いも始まります。

個人差があるのですが、辛い人は本当に起き上がるのも難しくなる程。

もちろん時間の経過とともに改善しますが、それでも上手く「気持ち悪い」と付き合って、快適マタニティライフを送りましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


妊娠初期の「気持ち悪い」

ドラマで妊娠の発覚は大概、食べ物の匂いを嗅いだ女性トイレに駆け込んで、嘔吐するどんなシーンですね。

これはいわゆる「吐きつわり」と言われるものです。つわりというと多くはこっちを考えますが、つわりには二種類あって、食べていないと逆に気持ち悪くなるのを「食べつわり」といいます。

他にも、だるい、眠いなども症状を感じる人も多く、朝起きれない、一日中眠い、動くのが億劫などの状態が続きます。

これも個人差があり、つわりの症状が全くでない人もいれば、あまりにも症状がひどく、水すら満足に飲めず、場合によっては入院を余儀なくされる場合もあります。

また特定の食べ物がいきなり食べれなくなったり、逆に特定の食べ物がやたら食べたくなったりとその症状の内容も千差万別です。

よく酸っぱいものを欲するようになるというのも、人それぞれです。ただ口がさっぱりするので気持ち悪さを軽減させてくれる効果があるためという説もあります。

つわりの始まりはおおよそ妊娠9週目、3ヶ月に入った頃になります。安定期の5ヶ月ぐらいまでは何等かの症状が続くと言われています。

妊娠中に何故「気持ち悪い」と感じるようになるのか?

妊娠により、女性の体は子供を産むための体へと変化をしていきます。その際にホルモンが今までと違うように働くようになります。その副産物が、「気持ち悪い」を引き起こすと言われています。

他にも、妊娠をするとどうしても胃酸の分泌が過剰になります。つまり胃酸が過多なのです。本来は食べ物を消化分解するための働きが、自分の胃や食道を攻撃してしまうのです。

それが続くと炎症が起きて逆流性食道炎となる場合もあります。ちなみにこれは妊婦でなくても、ストレスが強い人に見られる症状でもあります。

つわりをはじめとする妊娠初期の気持ち悪い症状には個人差があり、この個人差が出る理由は子供と母親の血液型に関係があるというのです。子供と母親の血液型が違う場合に症状が出て、同じ母子が血液型の場合は、あまり気持ち悪い症状が出ないというのです。

ただし、子供の血液型というのは、親の血液型から推測はできますが、正確なのは検査してみないと判りません。そして胎児の血液検査をする人は少ないと思うので、真贋が難しい説でもあります。

「気持ち悪い」が悪化すると

病院に行った方がいいという場合もあります。

この時期の妊婦検診は月に1回程度です。だから、「次の妊婦検診で聞いてみよう」と考えて、それまで我慢する人もいますが、これはオススメできません。

一般的に受診の目安は、全く食事がとれない、水分の摂取も困難な場合です。これは赤ちゃん以上に母体の危機でもあります。数日でも続くようなら、やはり受診しましょう。

また妊娠前から体重が3キロ以上減ったというのもやはり問題です。また、食事や飲み物を摂取できていても、ほとんど吐いてしまったというのではやはり栄養が取れていないので母体の危機です。1日10回近く戻すようなら、やはり受診すべきでしょう。

これらの症状は多くは「妊娠悪阻」と言われており、自力で栄養摂取が出来ない場合は点滴の必要があるために、入院を勧められることもあります。また可能性としておなかの子に異常が発生している場合も、やはり母体に影響が出るのです。

どちらにしろ早めの受診が、早期回復につながりますので、次の妊婦検診の時とは考えす適宜受診をいたしましょう。

「気持ち悪い」を軽減させるには?

妊婦が「酸っぱいものを好む」という説は、前述したように口の中をさっぱりする効果のためというのもありますが、胃もたれや吐き気を抑えてくれる効果もあるのです。

酸っぱいものというのやはりレモンが思いつくでしょう。そしてレモンにはクエン酸が含まれています。このクエン酸が、胃酸を分解してくれるので、胃酸が抑えられて吐き気や胃もたれが緩和されます。

クエン酸が含まれているのは、レモンだけでなく、りんごや梅干しなどにも含まれているので、これを上手に料理に取り入れると吐きつわりなどの症状が緩和されます。

さて食べつわりのほうですが、これも、際限なく食べていてはやはり問題。よく妊娠すると歯がだめになるというのは、子供にカルシウム成分を持っていかれるからだという説がありますが、実際が食べつわりによる虫歯が原因と言われています。

一日中食べていると、とても虫歯になりやすくなります。そのため、キシリトールガムを噛むことににより、虫歯を防ぎ、食べつわりによる異常な体重増加も防げるのでオススメです。

妊娠中の「気持ちが悪い」には終わりがある

妊娠中ずっと気持ち悪いままという事はまずありません。

多くの人は安定期に入ればこの症状は治まります。だから「妊娠なんてこんな辛いの」と絶望せずに、心穏やかに過ごしましょう。

安定期に入ると、やることは結構あります。この時期になれば、性別も判るようになりますので、名前を考えたりすることもできます。そして、6ヶ月過ぎれば、胎動も始まるようになります。始めのうちはこれがとても楽しいのです。そのうち夜も腹を蹴飛ばし続ける元気な赤ちゃんにちょっとうんざりもしますが。それでも、「あ、赤ちゃんがおなかにいるんだ」という実感が沸いてきます。

臨月近くなれば、赤ちゃんの服や用具を購入する必要もでてきます。昼や夜にいる場所も考えて用意しなくてはいけません。だから妊婦といっても結構忙しいのです。

妊娠は大変な事はたくさんありますが、楽しいこともたくさんあります。つらいつわりも、前向きに捉えて「ゆっくり休めるのは今だけ」とかんがえて、のんびり過ごしましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報

ページ
上部へ