ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

今度こそ!何度も体外受精を続けることで得たものとは

2016.8.1

32歳/専業主婦

30歳から妊活を始めて、現在体外受精を5回目挑戦中です。

体外受精の日程は、生理周期で左右してしまいます。職場に迷惑をかけてしまうので仕事を辞めて専業主婦となりました。

タイミングから始めるもなかなかうまくいかず

初めはタイミングから始めましたが、仕事でクタクタな旦那さんにもストレスになります。なかなか思うような結果がでず、検査結果もあまり良くありませんでした。

なかなか妊娠せず、人工授精へステップアップしました。人工授精はタイミングに比べ旦那さんの負担は軽くなりますが、女性側のストレスが少し増えます。

しかし、私たちは人工授精でも妊娠せず、より高度な専門病院を紹介され、様々な検査をする事になりました。そして体外受精へのステップアップをしていく事に。

体外受精を試みたものの結果は芳しくなく

体外受精を初めてした時は、1度目で妊娠するだろうと思っていたため、着床していないと知って大号泣。1日中落ち込みました。

体外受精の自己注射も苦手ですし、採血もすごく嫌いでした。結果が出なくて一層神経質に。

体外受精は、不妊治療費も高額で、様々なストレスがかかる治療です。特に女性のストレスはすごい量だと思います。

これは経験しないとわからない事かもしれません。旦那さんの精神的な協力は絶対必要な事だと感じました。

仕事を辞めたのは4度目の体外受精の時です。辞めるまでは責任ある仕事をしていたため、中々仕事を休む事に抵抗がありました。

とても協力的な職場でしたが、迷惑をかけるわけにもいかず、泣く泣く辞めることにしました。体外受精を続けると仕事を続ける事が難しい事もあります。うまくやっている方もたくさんいますが。

辞めてから生活習慣も変え、ジムに通い始めたり、趣味の習い事も始め、リフレッシュの時間を作り始めました。良く旅行にも行くようになりましたし、のほほんと過ごしています。

体外受精の経験が私にもたらしたもの

今は、来月の体外受精5回目を控え、ソフィアを飲んでいるところです。私は体外受精を続けることで心身共に強くなりました。

不妊治療の知識も詳しくなり、不妊治療で悩んでいる方にもアドバイスしたりしています。

今は病院から進められたサプリメントも一緒に取りながら、運動し充実した妊活をしています。

体外受精1度目のあたりは良くケンカしていましたが、もう5回目まで来ると夫婦仲も良好で、絆も深まった気がしています。

後は、いつかやってくるであろう赤ちゃんを待ちわびて、自分が納得するまで、無理せず妊活を続ける次第であります。

みなさんが元気な赤ちゃんを授かり無事に出産できますように。

 - 妊活中の体験談