妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

3度目の正直!!藁にもすがる気持ちで産婦人科で産み分けした結果は?

   

3度目の正直!!藁にもすがる気持ちで産婦人科で産み分けした結果は?

35歳/会社員

晩婚で結婚した私ですが、幸いにも二人の子宝に恵まれました。それなりに幸せな生活なのですが、「何かが足りない」気がしていました。それは、「女の子」です。

健康で生まれてきてくれたことには感謝してますが、女の子が欲しかった私は、二人続けて男の子だったことに少し残念な気持ちがしていました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


二人の子宝に恵まれたことは嬉しいけど・・・

年齢的にも、「これがラストチャンスかも。たった一度の人生を後悔したくない」と感じ、再々チャレンジしました。

「今度こそ絶対に女の子が欲しい」その気持ちが大きかったので、産婦人科で産み分けをすることにしました。

その産婦人科は地元では有名なところで、待ち時間も長いのですが「確実に女の子ができる」と有名だったのです。藁をもすがる気持ちで診察に行きました。

先生からは「一応全力は尽くすけれども、確実ではないから期待しないでね」と意外にも弱気な発言です。「いやいや、実力があるからって謙遜する先生ね」と前向きにとらえていた私でした。

女の子を授かるために努力する毎日

先生からのアドバイスで、食生活も改善することにして、女の子を授かりやすい食品や食材をとるように心掛けていました。

もちろんエッチするときも、排卵日前から射精して精液を少し薄めておいて、排卵日以外にもHすることにしたのです。

先生のアドバイスにはなかったのですが、ネットなどの口コミでは「女性があまり感じないほうが良い」と書かれていたので、なるべく濃厚なHは避けて、あくまで淡泊に行うことにしました。

旦那さんは物足りなそうでしたがね。結果、半年足らずで無事に妊娠することができ、後は、性別がわかる妊娠6か月ごろを待つのみでした。

「早く来ないかな?」という気持ちと「もし、また男だったら」という恐怖感。二つの気持ちが交差しながらも、妊娠6か月を迎えました。

産婦人科で産み分けにチャレンジした結果は

はやる気持ちを抑えながら「先生、性別わかりますか?」と聞くと「見てみるね〜」とお腹周りをエコーで確認した先生が「あっ!ついてる」と一言。

途端に青ざめる私。「先生まさか?」「う〜ん、男の子だね」「まじで?」「間違いない、ちゃんとあるよ」一瞬、私の中だけ時が止まったようでした。

「男の子三人も楽しそう〜」と他人事のような看護師さんを尻目に重い腰を上げる私。その時なんとなく「食費がかかりそう」とどうでもいいことを思っていました。

帰ってから旦那に告げると「俺の精子が強すぎるのかな?」となぜかうれしそうな様子。そんな旦那を冷たい目で見る私。

「私の夢ははかなく散った」と人生の終わりのような気分で妊娠生活を送るダメな母親でした。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ